深作農園の野菜イメージ画像
深作農園の野菜イメージ画像

野菜・農作物の商品一覧

深作農園6代目園主深作勝己より、ご挨拶

深作農園6代目園主の深作勝己
6代目園主「深作勝己」です
日本が誇る農業を守り、最高に美味しい野菜をつくっていきます

「最高に美味いものをつくる」

「最高に美味しいものをつくる」。それを目指し、私は、毎日、田んぼや畑で農作業を行っています。

化学肥料や農薬の使用、また栽培技術の発展により旬を無視した栽培によって、栄養価は変わらないが本来の味がしない野菜が大量に流通しています。 栄養価がかわらなければいいのでしょうか?

「美味しい野菜」というのは野菜本来の味を持つ食べた人に喜んでもらえる野菜だと、私は思っています。

この「美味しい野菜」を作るためには、品種、土壌の状態、栽培時の天候、それぞれの作業を行う時期、そして収穫のタイミングなどなど日々、自然とともに行っています。
先祖代々言い伝えられてきたことと今のデジタルな情報を融合しながら「最高にうまいものをつくる」を目指して毎日、頑張ります。

深作農園の土
美味しい野菜づくりに、良質な土は不可欠です。

「安心できる作物をつくる基礎となる土」

野菜は土からたくさんの栄養をいただいて育ちます。だからこそ土づくりこそが大切だと思っています。

深作農園では平成2年からEM自然農法にとりくみはじめました。

化学肥料ではなく自然の有機物とEM菌を土に混ぜ、ふかふかした土で作物を栽培するのです。
土づくりがきちんとできた土で栽培すると農薬を使わなくても、化学肥料を使用しなくても立派で安心で安全な作物が育ちます。

私には二人の子供がいます。二人の子供はいつも畑で土を触ったり、野菜の葉っぱを摘んだり、虫を追ったりして遊んでいます。この土や葉にたくさんの農薬や化学肥料が残っていると思うと私は遊ばせることができません。しかし、そういうものを使用していない土や葉なので安心して遊ばせることができます。

そんな安心安全な環境で育てた作物しか、私は作りません。

深作農園の野菜・果物メニュー

農家の手づくりバームクーヘンメニュー

ご利用案内