深作農園の野菜イメージ画像
深作農園の野菜イメージ画像

たまごの保存方法

たまごの保存方法
買った時の温度に合わせ、常温または冷蔵庫で保存しましょう。

卵は常温において保存することができます。 常温といいましても冷暗所保存をおすすめします。

室温が高くなりすぎたり保存場所に直射日光が当ったりすると痛みやすくなり、サルモネラ菌などが増殖したりしますので 置いておく場所には注意が必要です。特に夏場は気を付けてください。

冷蔵庫での保存はいいの?

購入される際にすでに冷蔵保存されている卵は常温保存ではなく、冷蔵庫で保存するようにしてください。
保存の温度が大きく変化すると、 たまごの鮮度が低下してしまいます。
また、菌の増殖の原因ともなりますので購入時の状況にあわせて保存をお願いします。

卵入れに入れる際のワンポイントです。
卵は丸くなっている方ととがっている方がありますよね。丸い方には気室という呼吸を行うための空間があります。
丸い方を下にすると空気が上のほうに移動しようとするため卵の中が不安定になり、品質の劣化につながると言われています。
丸い方を上にして、とがっている方を下になるようにして保存してください。

冷蔵庫のドアポケットに卵入れがある場合にはちょっと注意が必要です。
ドアの開け閉めで振動がおき殻にヒビが入りやすく殻にひびが入ってしまうと雑菌が繁殖する原因にもなります。
またドア部分は温度変化もありますのでドアポケットの卵入れに入れる場合はおすすめできません。
ドアポケットの卵入れに保存するよりも、購入されたパックのままで冷蔵庫内の安定した場所に保存されることをおすすめします。

また卵は殻つきのままで保存をしてください。
殻を割ってボウルに入れて冷蔵庫で保存ということなどはせず、毎回使う直前に殻を割るようにしてください。

「冷蔵庫に保存する際に水洗いしたほうがいいの?」と聞かれることが多々あります。
卵の殻には、私たちの目に見えない小さな小さな気孔がたくさんあり、呼吸をしています。
水洗いをすることで汚れが気孔を通じて、殻の内側に入ってったり、水や汚れで気孔がふさがってしまい卵が呼吸できなくなった結果、卵の品質を落としてしまう場合がありますので、保存前に水洗いは行わないようにしてください。
汚れが気になるという方は乾いた布などで軽く拭く程度でお願いします。

冷凍保存はできるの?

冷凍することは可能ですが殻つきのまま冷凍すると、中身が膨張することで卵殻にひびが入ります。
また解凍したときに白身は通常よりもみずっぽくなるくらいでそれ以外の問題は特にないのですが、黄身は固まったようになりイメージとしては温泉卵のような状態になりますのであまり冷凍保存はおすすめしません。
殻つきではなく卵を割って白身と黄身をよく溶きほぐしてから密閉容器など冷凍保存のほうが殻つきのままよりもおすすめです。

たまごの賞味期限ってどのくらい?

オススメの保存場所
新鮮な卵の「卵黄」は、こんもりと盛り上がり、「卵白」も広がらずにしっかりと形を保った状態になっています。

季節によって気温が違いますので卵の賞味期限も変わっていますが 常温での卵の賞味期限の目安として参考にしてください

【たまごの賞味期限の目安】
1〜3月:約2か月前後
4〜5月:約3週間前後
6〜9月:約2週間前後
10〜12月:約3週間前後

生食の場合はなるべく早く食べていただくことをおすすすめします。
また賞味期限が過ぎたら、できるだけ早く加熱調理をしてから食べるようにしてください。

新鮮なたまごの見分け方

殻の外側から見分けることは困難ですので、まずチェックしていただきたいのは殻にヒビを入れて卵を割ったときの状態です。
鮮度を見分けるには「卵黄」「卵白」それぞれ確認ポイントがあります。
新鮮な卵は「卵黄」はこんもりと盛り上がっています。
また「卵白」も広がらずにしっかりと形を保った状態になっています。

日にちがたつと「卵黄」部分はこんもりの盛り上がりがなく平べったくなり、「卵白」もほぼ水のような状態で だらっと広がります。 割った時の状態でお確かめください。

たまごのサイズと黄身について

たまごのサイズ

たまごのサイズ
たまごの大きさは、農林水産省の「鶏卵の取引規格」によって定められています。

卵にはS玉、M玉、L玉と分類されていますがこの違いは何だかご存知ですか?
卵のサイズの分類は、農林水産省の「鶏卵の取引規格」によって定められています。

基準は、たまご1個の重量によって3区分ではなく6区分に区分されています。 見た目の大きさではなく重量によってサイズが決められいているので、例えばL玉10個入りのパックを買っても、 10個とも同じ見た目の卵ではないことが あると思います。見た目が小さくでも既定の重量があればLサイズになります。 箱詰鶏卵規格は下記の通りとなっています。

種類基準
LL包装中の鶏卵1個の重量が70グラム以上、76グラム未満であるもの
L包装中の鶏卵1個の重量が64グラム以上、70グラム未満であるもの
M包装中の鶏卵1個の重量が58グラム以上、64グラム未満であるもの
MS包装中の鶏卵1個の重量が52グラム以上、58グラム未満であるもの
S包装中の鶏卵1個の重量が46グラム以上、52グラム未満であるもの
SS包装中の鶏卵1個の重量が40グラム以上、46グラム未満であるもの

また鶏卵の重量でサイズが決まると前述しましたが、卵には卵黄の部分と卵白の部分があります。卵の大きさにかかわらず卵黄の大きさ、重量はほぼ一定です。 LLサイズの卵の黄身(卵黄)の大きさもSSサイズの黄身(卵黄)の大きさもほぼ同じです。
ということは卵白の量の違いでサイズがかわってきます。サイズが大きいほど卵白の量が多くなるという事です。

サイズの違いを生かした調理がオススメです

たまごのサイズ
黄身の旨味を楽しむ卵かけごはんや目玉焼きには小さめサイズ、解きほぐして調理する場合は大きめサイズがオススメです。

卵黄のサイズは同じで卵白の量がちがうということで 料理にあわせて卵のサイズを決めることをおすすめします。
卵黄(黄身)のみを使う料理や黄身を引き立てる料理の時、例えば、卵かけごはんや目玉焼き等の場合には小さいサイズの卵を使っていただき、逆に白身(卵白)のみを使う料理や溶きほぐして使う時、例えば茶碗蒸しや卵焼き等の場合には大きいサイズの卵を選ばれることをおすすめします。
焼き菓子やプリンなどお菓子づくりに卵を使う場合は、小さい卵を使った場合と大きな卵を使った場合で生地の仕上がりに大きな差が出てしまいますので、注意が必要です。

いろんなサイズがある理由

たまごのサイズ
たまごのサイズは、鶏の成長(年齢)に比例して大きくなります。

なぜこのようにサイズが違う卵が出来るかというと鶏の成長(年齢)によってサイズに差がでます。
小さなサイズであるSサイズは生後4ヶ月~5ヶ月半位までの鶏が産んだ卵になります。
Mサイズの卵は生後6ヶ月~12ヶ月位までの鶏が産んだ卵になります。卵かけご飯など、生食に一番適している言われています。
Lサイズの卵は生後10ヶ月~24ヶ月位の鶏が産んだ卵になります。LLサイズの卵は生後18ヶ月以降の鶏が産んだ卵になります。

鶏が成長するにつれてサイズの大きい卵を産むようになっていきますが鶏自体のサイズが大きくなるのではありません。
見た目では生後6か月の鶏も24か月の鶏もほとんど同じです。 鶏のサイズではなく鶏の体内での生成の違いによるものです。
また季節によっても若干サイズが違ってきます。夏場になると人間同様、鶏も暑さなどで 食欲がなくなり小さめの卵を多く産むようになります。 また、冬場になると寒さに備えるために食欲が旺盛となり大きめの卵を多く産むようになります。

黄身がふたつある卵のひみつ

たまごのサイズ
ひとつのたまごに2個の卵黄が入っているたまごを、2黄卵といいます。

時々、1つの卵の中に卵黄が2個入っている卵をみることがあると思います。 1つのたまごの中に卵黄が2個入っている卵を2黄卵や複黄卵(ふくおうらん)と呼ばれています。

これは卵を産み始めたばかりの鶏におきる現象で、生理機能、産卵リズムが安定していない為にこのような現象になります。
通常は、成熟した卵胞(卵黄)が排卵されてから輸卵管に送られ、卵管を移動しながら卵白が周囲についていきますがリズムが確定していない卵を産み始めたばかりの鶏ではしばしば2個の卵胞(卵黄)が連続して排卵され、それに卵白が周囲につくので2黄卵となります。
卵管各部位の滞留時間は、正常卵の場合と同じですので、卵白の量は通常の卵とほぼ同じです。

排卵リズムが安定するとこのような現象はおきずに黄身1個の卵になります。
黄身が二つでも何の問題もありませんので安心してお召し上がりください。 2黄卵は、珍しいことから縁起物として見かけたら喜ばれることが多いようです。

また、養鶏場の卵の直売店などで、双子たまごとして別に販売されていることがあります。
殻がついていて割っていないのになぜこの卵が2黄卵ということがわかって販売されているのか不思議ですよね。
前述したとおり、2黄卵は卵を産み始めたばかりの鶏が産みます。2黄卵は通常の卵より見た目が大きいですので、普通より大きい卵を産むとそれは2黄卵と養鶏場の方はわかります。
鶏の月齢とその時にうまれる卵のサイズから割らなくてもこれは双子卵と判断されて販売されています。

深作農園のたまご販売

たまご
赤玉鶏の王者と呼ばれるボリスブラウンのたまご

深作農園の野菜・果物メニュー

農家の手づくりバームクーヘンメニュー

「深作農園」関連サイト

深作農園のバームクーヘン
【世界初の5大大会受賞】
農家から生まれたバームクーヘン専門店

深作農園 バームクーヘンサイト

深作農園・楽天市場店

深作農園・Yahoo!ショッピング店

深作農園のメロンサイト
【生産量日本一のメロン】
深作農園のメロンサイト

深作農園のメロン専門サイト

深作農園のいちご

【茨城いちごグランプリ三年連続受賞】
深作農園のいちごサイト

深作農園のいちご専門サイト

深作農園の野菜サイト

【日本野菜ソムリエ協会認定】
野菜ソムリエの作る深作農園の野菜専門サイト

深作農園・野菜専門サイト

深作農園の野菜サイト

【農家の新鮮スイーツ】
LE・FUKASAKU(ル・フカサク)

LE・FUKASAKU(ル・フカサク)サイト

ご利用案内